ホーム » アーカイブ

帽子を被ると薄毛・抜け毛がすすむってホント?


 

薄毛・抜け毛が進むと好きなヘアスタイルも難しいので帽子を被るという方もいますよね。

 

しかし、「帽子を被るとハゲる」なんてことを聞いたことありませんか?

 

どうして帽子を被るとハゲるといわれるのかご存知でしょうか?

 

そもそも、本当に帽子を被ることが薄毛・抜け毛をすすめる原因となるのでしょうか?

 

こちらでは、「帽子を被りたいけど薄毛・抜け毛が気になって被れない・・・」などでお悩みの方のために帽子と薄毛・抜け毛の関係性についてお話していきます。

 

帽子を被るとハゲるってホント?

 

帽子を被ると本当にハゲるのか?

 

先に結論をいいますと半分はホントで、もう半分はウソです。

 

というのも、帽子を被ったからといって薄毛・抜け毛の直接的な原因となる科学的根拠は全く無いからなんです。

 

しかし、帽子を被ることで薄毛・抜け毛の原因を悪化させる可能性もあるので半分ホントで半分はウソと表現しました。

 

それでは、その帽子を被ることで薄毛・抜け毛の原因を悪化させてしまう可能性とは、どのようなことなのかご紹介します。

 

帽子を被ると頭皮環境が悪化する可能性も

帽子を被ることで悪化させてしまう原因は「頭皮環境」にあります。

 

帽子を被ることで通気性が悪くなり頭皮が汗と熱で蒸れやすくなります

 

頭皮が蒸れることで皮膚の炎症を起こしてしまう雑菌が繁殖しやすくなったり、痒みを伴うことで直接掻いてしまい皮膚を傷つけてしまうことで頭皮環境がわるくなり薄毛・抜け毛が進むこともあります。

 

頭皮環境を悪化させないためには

帽子を被ると頭皮環境が悪くなるといっても暑い夏の日差しから脳を守るためなど、あらゆる場面で帽子が必要になることもあります。

 

そこで、頭皮環境を悪化させない帽子の被り方をしていきましょう。

 

頭皮環境を悪化させてしまう要因は「蒸れ」です。

 

通気性の良い帽子を選ぶ、帽子を被ったままにせず室内や木陰ではこまめに脱ぐ、髪の毛が汗で濡れた時はタオルなどでしっかり拭く、などの方法で頭皮の蒸れを防いで行きましょう。

 

帽子は薄毛・抜け毛を防ぐ

 

帽子を被ることで頭皮環境が悪くなる可能性がありますが、直接薄毛・抜け毛の原因となるわけではありません。

 

むしろ、帽子を被ることで薄毛・抜け毛の原因を防ぐことができるのです。

 

その原因とは太陽からの有害な光「紫外線」による頭皮環境の悪化です。

 

私たちの身体は、紫外線を浴びると細胞や遺伝子を守るために体内で活性酸素を発生させます。

 

しかし、この活性酸素が増えすぎてしまうと逆に細胞に悪影響を与えてしまうことがあるのです。

 

その悪影響のひとつに、毛髪を育てるために必要な頭皮をつくるお肌うるおい「コラーゲン」酸化があります。コラーゲンが酸化してしまうと水分を皮膚に蓄えておくことが出来ずに硬く毛髪が育ちにくい頭皮になってしまいます

 

そのため、余分な活性酸素の発生を防ぐためにも、なるべく紫外線を避けなければいけません。

 

頭皮を紫外線から守るなら帽子はとても有効なアイテムです。

 

外出が多い方は、蒸れに注意しながら帽子を被り紫外線による薄毛・抜け毛対策をとったほうが良いかもしれません。

 

最後に

帽子を被ることとハゲることは全く関係が無いとはいえませんが、直接的な原因ではありません。

 

それよりも、薄毛・抜け毛の原因「紫外線」を防ぐ対策アイテムとして効果を発揮してくれることに注目したいですね。

 

ただし、何度も言いますが蒸れには十分注意してください

 

帽子を上手く使って薄毛・抜け毛を防いでいきましょう。

 

 

お風呂の入り方で薄毛・抜け毛を減らす!正しい入浴の仕方


 

お風呂に入った後に排水溝のフタを見ると大量の毛が溜まっている・・・何てことありませんか?

 

もしかするとそれは薄毛・抜け毛のはじまりかもしれません。

 

毛髪は、なにもしなくてもヘアサイクルが回れば古い毛髪は落ちていきます。

 

しかし、お風呂はシャンプーやシャワーなど髪に直接触るシーンが多いこともあり、気をつけないと抜ける予定のなかった毛髪まで抜けてしまうことも・・・

 

そこで、こちらでは薄毛・抜け毛を防ぐ入浴時に気をつけたいことについてご紹介していきます。

 

育毛環境を良くするためにも、正しい入浴方法と頭皮のケアを行いいましょう。

 

薄毛・抜け毛を防ぐ入浴方法

 

薄毛・抜け毛が気になる方はお風呂に入る時に気をつけて欲しいことが3つあります。

 

とても単純なことですが、この3つのことすべてに気をつけないと薄毛・抜け毛が進んでしまう可能性がありますので、ぜひ習慣化してください。

 

入浴時に気をつけるポイント

 

  • 入浴時間
  • 入浴方法
  • 洗髪方法

 

上記のポイントの詳細をそれぞれご説明します。

 

入浴時間

入浴時間という言葉には2つの意味があります。

 

それは「お風呂に入る時間帯」「お風呂に浸かっている時間」です。

 

まず、お風呂に入る時間帯ですが、就寝の1~2時間前に入浴することが良いといわれています。なぜなら、入浴後すぐは身体が温められることで交感神経が高ぶり睡眠の邪魔をしてしまうからです。

 

特に夜10時~深夜2時ごろは育毛を促す成長ホルモンが活発になる時間と言われています。この時間帯に良く眠れるように夜の8時くらいに入浴するのが理想です。

 

また、湯冷めにも注意してください。身体が冷えた状態では血流が低下してしまい抜け毛・薄毛を進行させる可能性もあるので気をつけましょう。

 

次に、お風呂に浸かる時間ですが、目安として37~39℃くらいのぬるいお湯で20~30分程度浸かるのが良いでしょう。

 

あまり高温のお湯だと急激に体温を急上昇させてしまうので長湯は禁物です。身体に負担をかけてしまい頭皮にも良くありません。ぬるま湯で時間をかけて体温を上げていき血流を良くするので20分以上の入浴がおすすめです。

 

入浴方法

入浴中にいちばん気をつけて欲しいことはリラックスしてお風呂に入ることです。

 

なかには、お風呂に長く浸かることにストレスを感じる方もいるでしょう。ストレスは自律神経を乱れさせて薄毛・抜け毛の原因となってしまいます

 

長時間の入浴が苦手な方は、すこし温度を上げて入浴時間を短くしててもかまいません。

 

また、血圧が気になる方、心臓が弱い方、ストレスを感じる方には、半身浴が身体への負担も少なく長時間入浴できるのでおすすめです。可能ならば好きな音楽を聴いたり、読書をしたりするとよりリラックスできます。

 

あまり集中しすぎて長湯になり過ぎないようにも気をつけてくださいね。いくら半身欲でも1時間以上入り続けると脱水症状や高血圧を引き起こし危険です。

 

脱水症状が心配な方は、お風呂に水の入ったペットボトルをもっていき、こまめに水分補給すると良いですね。水分補給をすることで発汗作用も活発になりますので、薄毛・抜け毛の原因となる皮脂のつまりを流れ出しやすくしてくれます

 

洗髪方法

頭皮の汚れは薄毛・抜け毛を進行させてしまいますので、毎日の洗髪が大切です。

 

ただし、洗髪方法にも気をつけてください。

 

まずは、シャンプーですが自分の髪の毛のにあった分量を使ってください。シャンプーの使いすぎは頭皮を守る為の余分な皮脂まで流してしまう可能性があります。もちろん、朝シャンなど1日に何回もシャンプーすることも控えましょう

 

次に洗髪する時はゴシゴシと力強く洗わないで下さい。指の爪などで頭皮を傷つけてしまうとそこから炎症を起こして薄毛・抜け毛の原因となってしまいます。洗うときはやさしく指の腹で頭皮を揉むように洗いましょう。

 

最後にシャンプーやコンディショナーなどが頭皮についたままにならないように細部までしっかり洗い流しましょう。流し忘れがあると毛穴のつまりの原因となってしまうことがあります。

 

そして、洗髪後はしっかり髪をタオルで拭いてからドライヤーで乾かしてください。濡れたままにすると頭皮の熱を奪い血流が悪くなったり、カビなどの菌の繁殖がしやすくなり薄毛・抜け毛の原因となる可能性があります。

 

シャワーのみは薄毛・抜け毛を進行させる!?

 

夏の暑い時期にはシャワーでさっぱり汗を流すだけだけでいいや!という方も多くいると思います。

 

しかし、短時間のシャワーだけではいくら身体の表面がきれいになっても身体は温まらないのでクーラーなどの冷房で悪化した血流も良くなりません

 

薄毛・抜け毛対策には、暑くても毎日お風呂で身体を温めることが大切です。なぜなら、お風呂で身体を温めることで血流が良くなるだけでなく、入浴で上げた体温が時間をおいて下がるときに眠気を催してくれるからなのです。

 

夏の夜は寝苦しくて眠れない時があります。睡眠不足は薄毛・抜け毛の原因になります。そんなときこそ、お風呂に入ることで心地良く眠ることが出来るのです。

 

暑い夏場のお風呂は長時間の入浴がストレスにもなるかもしれませんので、いつもよりもぬるめのお湯を入れて入浴しましょう

 

最後に

薄毛・抜け毛を進行させないためには毎日正しくお風呂に入ることが大切です。

 

お風呂は頭皮や身体をきれいにするだけでなくココロもキレイにしてくれます。

 

ご紹介したお風呂の入浴時間や頭皮ケアも大切ですが、お風呂を楽しむ気持ちをもつことで1日の疲れを癒し、肉体と精神の両方から薄毛・抜け毛を防ぐことにも繋がります。

 

気持ちよくお風呂に入った後はしっかり育毛剤でフォローすればバッチリです!

 

 

遺伝からくる薄毛・抜け毛には体質改善が大切


 

「両親のどちらかが毛が薄い」、「もしくは父方か母方の祖父母に毛が薄い人がいる」

 

そういったことを耳にすると自分も将来ハゲるのではと考えてしまう方もいるのではないでしょうか?

 

アナタもきっとどこかで「ハゲは遺伝する」という話を耳にしたことがあるはずです。

 

しかし、本当にハゲ、いわゆる薄毛・抜け毛は遺伝するのでしょうか?

 

もし、遺伝するとしたらどのように対策をすれば良いのでしょうか?

 

こちらでは遺伝からくる薄毛・抜け毛について解説していきます

 

薄毛・抜け毛と遺伝の関係性

あらかじめ言うと薄毛・抜け毛は遺伝と関係性があるといえます。

 

現段階ではまだ明確に解明されていませんが、薄毛・抜け毛と遺伝子の関係性には様々な見解や意見があります。

 

そのひとつにX染色体の中に「アンドロゲンレセプター」とよばれる遺伝子が薄毛・抜け毛の遺伝に関係しているといわれているものがあります。

 

アンドロゲンレセプターは、男性ホルモンと結びつきやすい構造をしているので、薄毛・抜け毛の原因のひとつ男性ホルモン「DHT(シヒドロテストステロン)」とも結びつきやすいと考えられています。

 

すなわち、アンドロゲンレセプターを遺伝すれば、薄げ・抜け毛になりやすいくなると考えられるのです。

 

しかし、この薄毛・抜け毛がおきやすくなると考えられる遺伝子を引き継いだからといって確実に症状が出るわけではありません。

 

あくまで遺伝は症状が起きやすい体質を遺伝しているにすぎないので、その後の生活習慣の改善などで薄毛・抜け毛体質を抑えることも可能です。

 

遺伝が原因の薄毛・抜け毛対策

 

仮に薄毛・抜け毛が起きやすい体質を遺伝していたとしても普段の生活習慣の改善や対策をしていれば進行を抑えることが可能です。

 

次にご紹介する対策方法で進行を食い止めましょう。

 

薄毛・抜け毛を抑える対策方法

 

・食事の改善をする

・睡眠をしっかり摂る

・適度な運動をする

・適切な洗髪をする

 

各対策方法について詳しく説明します。

 

食事の改善をする

遺伝で男性ホルモンの影響を受けやすくなると頭皮の皮脂の過剰分泌やヘアサイクルが乱れが起き薄毛などの症状が出ます

 

そこで皮脂を抑えるためには食事を改善が大切になります。

 

肉などの脂肪分の多い食事は皮脂の分泌を過剰にさせます。

 

肉や揚げ物など脂っぽい食事は控えて、魚や大豆など昔ながらの和食を中心に食べるように心がけましょう。

 

また、食物繊維の多い野菜などを食べると腸内環境を整えて代謝機能が上がります

 

代謝機能が上がると毛髪の成長が促されるので育毛に良いともいわれています。

 

睡眠をしっかり摂る

睡眠をしっかり摂るといっても、ただ長く寝るだけでは意味がありません

 

毛髪は、毛母細胞とよばれる細胞から作られます。

 

この毛母細胞は夜の10時~深夜2時ごろの間にかけて活性化します。

 

これは一般的にこの時間帯に成長ホルモンの分泌が促されるからなのですが、この時間帯に起きていると成長ホルモンの分泌が少なくなってしまうといわれています。

 

すなわち薄毛・抜け毛を防ぐためには、夜10時までに寝ることが大切なのです。

 

さらに睡眠不足は自律神経を乱れさせ代謝機能を下げるので、薄毛・抜け毛の症状を進めてしまいます。

 

最低でも1日5,6時間は睡眠を摂るようにしてください

 

適度な運動をする

運動不足に陥るとまず筋肉が衰えます。

 

筋肉は血液を身体のすみずみまで流れさせるポンプのような役割もあります

 

運動不足により筋肉が衰えると血流が悪くなり育毛に必要な栄養をうまく毛母細胞などに運ぶことが難しくなります

 

運動不足を解消し血流を良くするには有酸素運動がおすすめです。

 

ウォーキングや水泳など身体にあまり負担をかけずに長時間できるもので運動不足を解消しましょう。

 

適切な洗髪をする

シャンプーで頭皮の汚れを落とすことは薄毛・抜け毛対策には欠かせません。

 

皮脂が毛穴に詰まると育毛の妨げになってしまうからです。

 

しかし、いくらシャンプーをしていても適切に行えていないと、逆に薄毛・抜け毛の症状を早めてしまう可能性もあります。

 

その理由は、シャンプーのやりすぎで頭皮を保護する皮脂まで落としてしまうからなんです。

 

皮脂には外部からの刺激から頭皮を守るためのバリアの役割もあるのです。

 

これを過剰なシャンプーで落としてしまうと頭皮は炎症を起こしたりしてしまい、薄毛・抜け毛の症状を悪化させてしまいます。

 

しかも、皮脂がなくなり頭皮が傷つくことで身体の防護機能がはたらき、皮脂の過剰分泌へとつながってしまうのです。

 

ですから、薄毛・抜け毛の対策のためにもシャンプーは1日1回にしましょう。

 

洗うときは頭皮を傷つけないようにやさしく頭皮を揉むように指の腹で洗います。

 

洗い流し忘れのないようにしっかりシャワーで流しきったら、すぐにドライヤーで乾かしきりましょう。

 

最後に

アナタの両親や親族に薄毛・抜け毛の方がいて自分も心配に思う方も多いと思いますが、薄毛・抜け毛の症状は遺伝的要因だけでは症状が進行するとは限りません

 

大切なのは日ごろの生活習慣をみなして、薄毛・抜け毛がおきやすい体質を改善することで進行を防げることができるということです。

 

もしも、体質改善だけでは不安に思う方は育毛剤などを併用していくと自身にもなることでしょう。

 

悩みはストレスになり育毛の妨げにもなります。あまり悩まずに行きましょう。

 

 

薄毛・抜け毛が進む前にクリニックでAGA治療


 

「AGA=アンドロジェネティック・アロペシア(男性型脱毛症)」は男性ホルモンが原因で起きる脱毛症で、薄毛・抜け毛で悩む男性のおそよ9割はこのAGAだといわれています。

 

AGAは進行性の症状でなにも対策をせずに放置しているとどんどん薄毛・抜け毛が進んでしまいます。

 

進行が進みすぎると育毛剤では効果が追いつかないこともあります

 

それなのに効果のない育毛剤をいつまでも使用していてはお金と時間の無駄になってしまいます。

 

そこで、そんな方におすすめするのがAGA治療です。

 

AGAの対処方法のひとつに、皮膚科やAGAの専門医がいる病院で治療を受けることが出来ます。

 

こちらでは、そんなAGA治療についてご紹介していきます。

 

AGA治療を受けることが出来る病院

 

まずは、AGAの検査・治療をしてもらうことが出来る病院についてお話しします。

 

AGAの治療には脱毛の原因となる男性ホルモンの作用を抑える「プロペシア」「ミノキシジル」などの医薬品の処方が有効です。

 

しかし、これらの医薬品は血管の拡張や精力減退などの副作用があるために、医師の診察や検査を受けて適切に行っていった方が安全に進めることが出来ます。

 

AGAの検査・治療が受けることのできる病院は大きく分けて次の2つになります。

 

・AGAクリニック

 

・皮膚科

 

それぞれの病院の特徴をご説明いたします。

 

AGAクリニック

AGAクリニックは、AGA専門の医師がいる医療機関のことをいいます。

 

AGA治療を専門とする医師が診察・検査・医薬品の処方を行ってくれます。

 

さらに、専門機関であることから豊富な知識や経験、医療設備をもっているのであらゆる個人に合わせた治療などを行ってくれます。(知識や経験、医療設備はクリニックによって異なります。)

 

皮膚科

一般的な皮膚科でもAGAの治療を行ってくれているところもあります。

 

ただし、専門的に取り扱っているわけではありませんのクリニックのように知識、経験、設備が整っている保証はありません

 

すこし通院が大変でもやはり専門のクリニックで治療してもらうことをおすすめします。

 

AGA治療のメリット・デメリット

 

AGA治療は、薄毛に有効とされる治療ですが具体的にはどのようなメリットがあるのでしょうか?

 

また、逆にデメリットはないのでしょうか?

 

AGA治療のメリット

メリットといえば、やはり専門医の診察・検査による適切な治療が受けられることです。

 

先にも話しましたが、AGA治療に使用される医薬品は副作用がありますので、市販されているものを個人で使用する場合は使用を控えた方が良い場合などの判断がつきにくいです

 

薄毛を直すために健康に被害があっては大変です。クリニックなどで治療を受けることをおすすめします。

 

AGA治療のデメリット

デメリットといっても、それほど困るようなことはありません。

 

あえていうなら、通院が大変方もいるかもしれないところです。AGA専門のクリニックが近くにない方はすこし困りますね。

 

あとは、金銭面的がデメリットといえますが、AGAクリニックの平均的なひと月の治療費に1~3万円程度といわれています。

 

育毛剤のひと月にかかる金額は大体5,000円~1万円くらいなので、人によってはそれほど差を感じない方もいるでしょう。

 

AGAクリニックを選ぶときに確認すること

 

AGA治療をクリニックで受ける前には確認しておきたいことをご紹介します。

 

ただ「近くにあるクリニックだから」とすぐに決めてしまう前に以下のことは最低でも確認しましょう。

 

・治療実績や症例が豊富であるか

・治療費が明確であるか

・治療内容や治療期間の説明があるか

 

それぞれの確認事項について解説します。

 

治療実績や症例が豊富であるか

どんなにキレイで新しい病院でもあらゆる症例や実績を積んでいる医師がいないと不安になりますよね。

 

「アナタのような症状は初めてです」と言われて安心はできません。

 

あらかじめ自分の症状を伝えて同じような治療をされたことがあるか確認してみましょう

 

治療費が明確であるか

AGA治療は、保険外診療で保険の適応が受けられません

 

費用はすべて自己負担となります。

 

事前に料金設定が明確であるか、最終的にどの程度の治療費がかかるのか確認してみましょう

 

もちろん、治療にかかる期間は人により違うので、およそでしか分からないこともあるかもしれません。

 

しかし、自分ならここまでならお金をかけられるという目安にはなります。

 

治療内容や治療期間の説明があるか

AGA治療といっても、その効果が実感するにはヘアサイクルの経過をみながらの治療になるので時間がかかります

 

また、治療経過中に異変がでることもあるので治療内容が変更される場合もあります。

 

あらかじめにどの程度の期間様子をみるのか、治療内容に変更があった際にその都度内容説明があるか確認しましょう

 

しっかり説明があれば安心でき心への負担も少なくなるでしょう。

 

ストレスは薄毛・抜け毛の天敵ですからね。

 

最後に

薄毛・抜け毛で悩む多くの方はAGAの可能性があります。

 

一度AGAクリニックで診察を受けてみてはいかがでしょうか?

 

自分の信頼できるクリニックをみつけて薄毛・抜け毛の悩みを解消しましょう

 

近くに良いクリニックがない・・・、お金がかかると・・・など治療を受けるのが難しい方は、薄毛・抜け毛が進む前にしっかり育毛剤や生活習慣の見直しで頭皮環境をケアしていきましょう。

 

 

育毛剤おすすめポイント
薄毛・抜け毛の対策
育毛剤Q&A