ホーム » アーカイブ

医薬品育毛剤と医薬部外品育毛剤の違いとは?


 

一般的に育毛剤は「医薬品」「医薬部外品」の2種類のものがあります。どちらも厚生労働大臣の承認や指定を受けたものです。

 

医薬品に指定された育毛剤は、「発毛剤」ともよばれます。

 

この2つの大きな違いは、その育毛剤が与える「効果と副作用」にあります。

 

医薬品と医薬部外品

 

医薬品は、症状に対してその効果と効能があると法律で認められたものです。

 

しかし、効果はいいものばかりでなく副作用なども出る可能性があるとされ、医師の処方箋が必要なものもあり、特に取り扱いに注意が必要です。

 

医薬部外品は、医薬品のように症状に対する効果・効能をうたうことが法律で認められていませんが、症状の改善効果や予防効果などのなんらかの人体への緩やかな作用があるものをいいます。

 

医薬品よりも副作用のリスクは比較的少ないとされています。

 

簡単にいうと「医薬品」は効果も大きいがリスクも大きく、「医薬部外品」は効果は緩やかだがリスクの心配は少ないのものということです。

 

医薬品育毛剤の副作用

医薬品育毛剤(発毛剤)は、医薬部外品の育毛剤と比べて販売されている商品は少なく、それらに使用されている主な有効成分として「ミノキシジル」や、「フィナステリド」とよばれる成分があります。

 

この2つの成分には、それぞれ薄毛・抜け毛の改善効果があるとともに副作用が確認されています。

 

ミノキシジル

血管拡張作用という血管を広げる働きがあり、頭皮の血行が良くなり毛髪の育成に必要な酸素や栄養素が届きやすくなります

 

これにより育毛・発毛を促進させ、太く抜けにくい強い髪を作ります。

 

副作用として、血管拡張作用により「頭痛、めまい、動悸、息切れ」などの低血圧症状や「赤ら顔」、頭皮の皮脂の分泌が過剰になりニキビや肌荒れをおこして痒みを伴うことがあります。

 

また、頭髪だけでなく全身の体毛が濃くなることもあるといわれています。

 

フィナステリド

AGA(男性型脱毛症)に効果がある育毛成分です。

 

薄毛・抜け毛の原因となる男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」を発生させる酵素「5αリダクターゼ」の働きを妨げる作用があります。

 

副作用として、男性ホルモンの働きを抑えるため、「性欲減退、勃起不全、精子の減少」などの性機能障害が確認されています。

 

また、自律神経の乱れから「うつ」のような症状を引き起こすこともあるといわれております。

 

最後に

医薬品と医薬部外品には、それぞれメリットとデメリットがあります。

 

薄毛・抜け毛がかなり進んでいる方には医薬品の発毛剤をおすすめしたいですが副作用の心配もありますので、個人で購入し使用するよりは薄毛・抜け毛専門のクリニックや皮膚科で処方してもらう方が安全でおすすめです。

 

薄毛・抜け毛が心配、予防をしたいという方には、医薬部外品の育毛剤をおすすめします。

 

 

育毛剤はどのくらいで効果が現れるのか?


 

育毛剤を使うにあたって気になるのが効果の現れる期間ですよね。

 

「すぐに効果がある育毛剤なんて無いだろう」と思いつつも出来れば早く実感したいとおもいます。

 

そこで、育毛剤の効果の現れる目安となる期間をお教えいたします。

 

あまり長い目で様子を見続けて、効果のない育毛剤を使い続けるハメにならないように、こちらで紹介する育毛剤の効果を実感できる期間の目安に使用してみてくさだい。

 

毛髪の生え変わり「ヘアサイクル」

 

育毛剤の効果が現れる目安を知る前に、毛髪の生え変わりについて知っておかなければなりません。

 

毛髪には1本ずつそれそれの寿命があります。

 

毛髪は永遠に伸び続けるわけではなく、抜けては生え、抜けては生えを繰り返します。

 

これを「ヘアサイクル(毛周期)」といいます。

 

ヘアサイクルは「成長期」、「退行期」、「休止期」という3つの期間で行われます。

 

個人差はありますが、通常ヘアサイクルは2~6ヶ月ほどの成長期の間に、毛母細胞の分裂が起こり毛髪を太く長く成長させます。

 

その後、退行期に入ると毛母細胞の分裂も減り約2~3週間ほどで成長が完全に止まり休止期へ入ります。

 

休止期は次の成長期の準備期間のようなもので約3~5ヶ月の間は活動しません。この際に成長が止まった毛髪は毛母細胞から切り離され抜け落ちます。

 

私たちの髪の毛は通常約10万本ほど(年齢・性別などのにより個人差があります)生えているといわれていますが、その内の約10%ほどがこの休止期に入っているといわれています。

 

つまり正常なヘアサイクルの方でも約1万本もの髪の毛が抜け落ちやすくなっている状態ということです。

 

薄毛や抜け毛で悩んでいる方は、このヘアサイクルの成長期が短い方が多く、毛髪が十分に育たなかった為に細く抜けやすくなってしまいます

 

ズバリ!育毛剤は「最低6ヶ月以上」使わないと効果はわからない

 

育毛剤は、ヘアサイクルの成長期を長引かせ、退行期・休止期の脱毛を抑制します。

 

休止期を迎えてから新しく毛髪が生え始めるには約3~5ヶ月はかかるといわれています。

 

さらに頭皮環境が悪い場合は、そちらの改善にも時間がかかるために育毛剤の効果を感じるには、最短でも6ヶ月以上の期間が必要です。

 

初めて育毛剤を使用するならば、まずは6ヶ月間は最低でも使用を続けて様子を見てください。

 

仮に毛髪が休止期を終えて成長期に入ったとしても、人の毛髪の成長スピードは1日平均0.3~0.5mmといわれているので、髪の毛が伸びるにはさらに時間が必要です。

 

最後に

こちらでは育毛剤の効果を実感できるまでの期間の目安として、ヘアサイクルを通しての効果の現れ方についてご紹介しました。

 

ヘアサイクルは個人下がりますのでこちらで解説した期間6ヶ月以上かかって効果が現れる場合や、逆にもっと早く効果が現れることもあります

 

あくまで「目安」として考えていただけると幸いです。

 

自分に合った育毛剤を見つけるには時間もお金もかかります。最も自分に効果的な育毛剤の見極めに役立てみてください。

 

 

 

育毛剤おすすめポイント
薄毛・抜け毛の対策
育毛剤Q&A