ホーム » Q&A » 帽子を被ると薄毛・抜け毛がすすむってホント?

帽子を被ると薄毛・抜け毛がすすむってホント?


 

薄毛・抜け毛が進むと好きなヘアスタイルも難しいので帽子を被るという方もいますよね。

 

しかし、「帽子を被るとハゲる」なんてことを聞いたことありませんか?

 

どうして帽子を被るとハゲるといわれるのかご存知でしょうか?

 

そもそも、本当に帽子を被ることが薄毛・抜け毛をすすめる原因となるのでしょうか?

 

こちらでは、「帽子を被りたいけど薄毛・抜け毛が気になって被れない・・・」などでお悩みの方のために帽子と薄毛・抜け毛の関係性についてお話していきます。

 

帽子を被るとハゲるってホント?

 

帽子を被ると本当にハゲるのか?

 

先に結論をいいますと半分はホントで、もう半分はウソです。

 

というのも、帽子を被ったからといって薄毛・抜け毛の直接的な原因となる科学的根拠は全く無いからなんです。

 

しかし、帽子を被ることで薄毛・抜け毛の原因を悪化させる可能性もあるので半分ホントで半分はウソと表現しました。

 

それでは、その帽子を被ることで薄毛・抜け毛の原因を悪化させてしまう可能性とは、どのようなことなのかご紹介します。

 

帽子を被ると頭皮環境が悪化する可能性も

帽子を被ることで悪化させてしまう原因は「頭皮環境」にあります。

 

帽子を被ることで通気性が悪くなり頭皮が汗と熱で蒸れやすくなります

 

頭皮が蒸れることで皮膚の炎症を起こしてしまう雑菌が繁殖しやすくなったり、痒みを伴うことで直接掻いてしまい皮膚を傷つけてしまうことで頭皮環境がわるくなり薄毛・抜け毛が進むこともあります。

 

頭皮環境を悪化させないためには

帽子を被ると頭皮環境が悪くなるといっても暑い夏の日差しから脳を守るためなど、あらゆる場面で帽子が必要になることもあります。

 

そこで、頭皮環境を悪化させない帽子の被り方をしていきましょう。

 

頭皮環境を悪化させてしまう要因は「蒸れ」です。

 

通気性の良い帽子を選ぶ、帽子を被ったままにせず室内や木陰ではこまめに脱ぐ、髪の毛が汗で濡れた時はタオルなどでしっかり拭く、などの方法で頭皮の蒸れを防いで行きましょう。

 

帽子は薄毛・抜け毛を防ぐ

 

帽子を被ることで頭皮環境が悪くなる可能性がありますが、直接薄毛・抜け毛の原因となるわけではありません。

 

むしろ、帽子を被ることで薄毛・抜け毛の原因を防ぐことができるのです。

 

その原因とは太陽からの有害な光「紫外線」による頭皮環境の悪化です。

 

私たちの身体は、紫外線を浴びると細胞や遺伝子を守るために体内で活性酸素を発生させます。

 

しかし、この活性酸素が増えすぎてしまうと逆に細胞に悪影響を与えてしまうことがあるのです。

 

その悪影響のひとつに、毛髪を育てるために必要な頭皮をつくるお肌うるおい「コラーゲン」酸化があります。コラーゲンが酸化してしまうと水分を皮膚に蓄えておくことが出来ずに硬く毛髪が育ちにくい頭皮になってしまいます

 

そのため、余分な活性酸素の発生を防ぐためにも、なるべく紫外線を避けなければいけません。

 

頭皮を紫外線から守るなら帽子はとても有効なアイテムです。

 

外出が多い方は、蒸れに注意しながら帽子を被り紫外線による薄毛・抜け毛対策をとったほうが良いかもしれません。

 

最後に

帽子を被ることとハゲることは全く関係が無いとはいえませんが、直接的な原因ではありません。

 

それよりも、薄毛・抜け毛の原因「紫外線」を防ぐ対策アイテムとして効果を発揮してくれることに注目したいですね。

 

ただし、何度も言いますが蒸れには十分注意してください

 

帽子を上手く使って薄毛・抜け毛を防いでいきましょう。

 

 

 

育毛剤おすすめポイント
薄毛・抜け毛の対策
育毛剤Q&A