ホーム » Q&A » 医薬品育毛剤と医薬部外品育毛剤の違いとは?

医薬品育毛剤と医薬部外品育毛剤の違いとは?


 

一般的に育毛剤は「医薬品」「医薬部外品」の2種類のものがあります。どちらも厚生労働大臣の承認や指定を受けたものです。

 

医薬品に指定された育毛剤は、「発毛剤」ともよばれます。

 

この2つの大きな違いは、その育毛剤が与える「効果と副作用」にあります。

 

医薬品と医薬部外品

 

医薬品は、症状に対してその効果と効能があると法律で認められたものです。

 

しかし、効果はいいものばかりでなく副作用なども出る可能性があるとされ、医師の処方箋が必要なものもあり、特に取り扱いに注意が必要です。

 

医薬部外品は、医薬品のように症状に対する効果・効能をうたうことが法律で認められていませんが、症状の改善効果や予防効果などのなんらかの人体への緩やかな作用があるものをいいます。

 

医薬品よりも副作用のリスクは比較的少ないとされています。

 

簡単にいうと「医薬品」は効果も大きいがリスクも大きく、「医薬部外品」は効果は緩やかだがリスクの心配は少ないのものということです。

 

医薬品育毛剤の副作用

医薬品育毛剤(発毛剤)は、医薬部外品の育毛剤と比べて販売されている商品は少なく、それらに使用されている主な有効成分として「ミノキシジル」や、「フィナステリド」とよばれる成分があります。

 

この2つの成分には、それぞれ薄毛・抜け毛の改善効果があるとともに副作用が確認されています。

 

ミノキシジル

血管拡張作用という血管を広げる働きがあり、頭皮の血行が良くなり毛髪の育成に必要な酸素や栄養素が届きやすくなります

 

これにより育毛・発毛を促進させ、太く抜けにくい強い髪を作ります。

 

副作用として、血管拡張作用により「頭痛、めまい、動悸、息切れ」などの低血圧症状や「赤ら顔」、頭皮の皮脂の分泌が過剰になりニキビや肌荒れをおこして痒みを伴うことがあります。

 

また、頭髪だけでなく全身の体毛が濃くなることもあるといわれています。

 

フィナステリド

AGA(男性型脱毛症)に効果がある育毛成分です。

 

薄毛・抜け毛の原因となる男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」を発生させる酵素「5αリダクターゼ」の働きを妨げる作用があります。

 

副作用として、男性ホルモンの働きを抑えるため、「性欲減退、勃起不全、精子の減少」などの性機能障害が確認されています。

 

また、自律神経の乱れから「うつ」のような症状を引き起こすこともあるといわれております。

 

最後に

医薬品と医薬部外品には、それぞれメリットとデメリットがあります。

 

薄毛・抜け毛がかなり進んでいる方には医薬品の発毛剤をおすすめしたいですが副作用の心配もありますので、個人で購入し使用するよりは薄毛・抜け毛専門のクリニックや皮膚科で処方してもらう方が安全でおすすめです。

 

薄毛・抜け毛が心配、予防をしたいという方には、医薬部外品の育毛剤をおすすめします。

 

 

 

育毛剤おすすめポイント
薄毛・抜け毛の対策
育毛剤Q&A