ホーム » 薄毛・抜け毛対策 » 遺伝からくる薄毛・抜け毛には体質改善が大切

遺伝からくる薄毛・抜け毛には体質改善が大切


 

「両親のどちらかが毛が薄い」、「もしくは父方か母方の祖父母に毛が薄い人がいる」

 

そういったことを耳にすると自分も将来ハゲるのではと考えてしまう方もいるのではないでしょうか?

 

アナタもきっとどこかで「ハゲは遺伝する」という話を耳にしたことがあるはずです。

 

しかし、本当にハゲ、いわゆる薄毛・抜け毛は遺伝するのでしょうか?

 

もし、遺伝するとしたらどのように対策をすれば良いのでしょうか?

 

こちらでは遺伝からくる薄毛・抜け毛について解説していきます

 

薄毛・抜け毛と遺伝の関係性

あらかじめ言うと薄毛・抜け毛は遺伝と関係性があるといえます。

 

現段階ではまだ明確に解明されていませんが、薄毛・抜け毛と遺伝子の関係性には様々な見解や意見があります。

 

そのひとつにX染色体の中に「アンドロゲンレセプター」とよばれる遺伝子が薄毛・抜け毛の遺伝に関係しているといわれているものがあります。

 

アンドロゲンレセプターは、男性ホルモンと結びつきやすい構造をしているので、薄毛・抜け毛の原因のひとつ男性ホルモン「DHT(シヒドロテストステロン)」とも結びつきやすいと考えられています。

 

すなわち、アンドロゲンレセプターを遺伝すれば、薄げ・抜け毛になりやすいくなると考えられるのです。

 

しかし、この薄毛・抜け毛がおきやすくなると考えられる遺伝子を引き継いだからといって確実に症状が出るわけではありません。

 

あくまで遺伝は症状が起きやすい体質を遺伝しているにすぎないので、その後の生活習慣の改善などで薄毛・抜け毛体質を抑えることも可能です。

 

遺伝が原因の薄毛・抜け毛対策

 

仮に薄毛・抜け毛が起きやすい体質を遺伝していたとしても普段の生活習慣の改善や対策をしていれば進行を抑えることが可能です。

 

次にご紹介する対策方法で進行を食い止めましょう。

 

薄毛・抜け毛を抑える対策方法

 

・食事の改善をする

・睡眠をしっかり摂る

・適度な運動をする

・適切な洗髪をする

 

各対策方法について詳しく説明します。

 

食事の改善をする

遺伝で男性ホルモンの影響を受けやすくなると頭皮の皮脂の過剰分泌やヘアサイクルが乱れが起き薄毛などの症状が出ます

 

そこで皮脂を抑えるためには食事を改善が大切になります。

 

肉などの脂肪分の多い食事は皮脂の分泌を過剰にさせます。

 

肉や揚げ物など脂っぽい食事は控えて、魚や大豆など昔ながらの和食を中心に食べるように心がけましょう。

 

また、食物繊維の多い野菜などを食べると腸内環境を整えて代謝機能が上がります

 

代謝機能が上がると毛髪の成長が促されるので育毛に良いともいわれています。

 

睡眠をしっかり摂る

睡眠をしっかり摂るといっても、ただ長く寝るだけでは意味がありません

 

毛髪は、毛母細胞とよばれる細胞から作られます。

 

この毛母細胞は夜の10時~深夜2時ごろの間にかけて活性化します。

 

これは一般的にこの時間帯に成長ホルモンの分泌が促されるからなのですが、この時間帯に起きていると成長ホルモンの分泌が少なくなってしまうといわれています。

 

すなわち薄毛・抜け毛を防ぐためには、夜10時までに寝ることが大切なのです。

 

さらに睡眠不足は自律神経を乱れさせ代謝機能を下げるので、薄毛・抜け毛の症状を進めてしまいます。

 

最低でも1日5,6時間は睡眠を摂るようにしてください

 

適度な運動をする

運動不足に陥るとまず筋肉が衰えます。

 

筋肉は血液を身体のすみずみまで流れさせるポンプのような役割もあります

 

運動不足により筋肉が衰えると血流が悪くなり育毛に必要な栄養をうまく毛母細胞などに運ぶことが難しくなります

 

運動不足を解消し血流を良くするには有酸素運動がおすすめです。

 

ウォーキングや水泳など身体にあまり負担をかけずに長時間できるもので運動不足を解消しましょう。

 

適切な洗髪をする

シャンプーで頭皮の汚れを落とすことは薄毛・抜け毛対策には欠かせません。

 

皮脂が毛穴に詰まると育毛の妨げになってしまうからです。

 

しかし、いくらシャンプーをしていても適切に行えていないと、逆に薄毛・抜け毛の症状を早めてしまう可能性もあります。

 

その理由は、シャンプーのやりすぎで頭皮を保護する皮脂まで落としてしまうからなんです。

 

皮脂には外部からの刺激から頭皮を守るためのバリアの役割もあるのです。

 

これを過剰なシャンプーで落としてしまうと頭皮は炎症を起こしたりしてしまい、薄毛・抜け毛の症状を悪化させてしまいます。

 

しかも、皮脂がなくなり頭皮が傷つくことで身体の防護機能がはたらき、皮脂の過剰分泌へとつながってしまうのです。

 

ですから、薄毛・抜け毛の対策のためにもシャンプーは1日1回にしましょう。

 

洗うときは頭皮を傷つけないようにやさしく頭皮を揉むように指の腹で洗います。

 

洗い流し忘れのないようにしっかりシャワーで流しきったら、すぐにドライヤーで乾かしきりましょう。

 

最後に

アナタの両親や親族に薄毛・抜け毛の方がいて自分も心配に思う方も多いと思いますが、薄毛・抜け毛の症状は遺伝的要因だけでは症状が進行するとは限りません

 

大切なのは日ごろの生活習慣をみなして、薄毛・抜け毛がおきやすい体質を改善することで進行を防げることができるということです。

 

もしも、体質改善だけでは不安に思う方は育毛剤などを併用していくと自身にもなることでしょう。

 

悩みはストレスになり育毛の妨げにもなります。あまり悩まずに行きましょう。

 

 

 

育毛剤おすすめポイント
薄毛・抜け毛の対策
育毛剤Q&A